本年度、2016年4月から障害者差別解消法が施行されました。

それによって、合理的配慮が義務化されました。

医療機関、福祉施設、幼稚園・保育園、学校、一般企業すべてにおいてやってね、ということです。

何をやるの?

目が見えなかったら、メガネ、コンタクト、使ってOKって当たり前。

車椅子の人がいたら、施設内を移動しやすくしてあげて、ということ。

ノートに書くことが難しかったら、電子黒板とタブレットがつながってたら助かるよね、とか。

読むのが苦手なら、読み上げてくれる教科書を使う、とか。

書くのに時間がかかるというなら、学校のテストで余分に時間をもらうとか。

簡単に言うと、バリアフリー。

ここで大事なことは

車椅子の人のために、すべての階段に電動の昇降機をつけなくてもいいということ。

誰もがそのことを知っていて、手助けすればいいんです。

そこに居合わせた何人かで、上まで運ぶね、下まで運ぶね、でいいんです。

自然にそれができる風土を作るということが、本質的な【合理的配慮】だと思います。

みんながお互いを思いやる心さえ持てば、自然と「こうしたら楽じゃない?」って、いろんな工夫が自然発生します。

学校だったら、先生のやることが増えるんではなくて、

「友達の○○くんが困るなら、僕、これ準備するよ」

それがいいんだと思います。

そしてもしかしたら、こう言ってくれた子にも、何か困ることがあるかもしれません。

そしたらそのとき手伝ってあげればいいのです。

人の役に立つことが、私たちの豊かさであり幸せです。

【合理的配慮】は、やらなくちゃいけないこと、と考えることはナンセンスです。

【合理的配慮】は、
私たちにある豊かさ、あたたかさをもっと実感しようよ、

私たちはお互い助け合える力を持ってるよ

という意味だと考えます。

また、合理的配慮がまだ広がらないと嘆くよりも

一緒に考えていきましょ。

当たり前がなんなのか、って難しいですもの。

新しい当たり前ですから。

どうするべきか?

よりも、どうしたらこの人が学びやすいか、過ごしやすいか。

もちろんそれはぬるい温泉に浸かる、という意味ではないです。

それは心地よくないです。

その人の可能性を狭めてしまうことですから。

能力を伸ばしつつ、達成感を持ちながら、その人らしく生きることのために一緒に考えましょう。

そのプロセスが大事なんです。

それこそが思いやりなんです。

私たちは思いやることを仕事にしてるんです。

医療も保健も保育も教育も福祉も心理も。

合理的配慮は、私たちの仕事を肯定してくれるものです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

{14A45600-BC8F-429A-9323-33EA9E13AA69}



* * * * * * * * * * * * * * * * *

ラーニング・シーでは、

発達のカラフルさん、子どもさんから大人の方、
またそのご家族、支援者が楽しく自分の力を発揮して過ごせるようお手伝いします。

ブレインジムやビジョントレーニングを用いて、運動や認知、学習に働きかけます。

http://s.ameblo.jp/learning–sea/entry-12159805923.html

【個人セッション】

60分  10,000円

90分  15,000円

初回は90分でお願いしております。

お電話やメールでどうぞお気軽にご相談ください。

ピンク薔薇ご予約のお申込みピンク薔薇
下記についてメールかショートメールでお知らせください。

①お申込みの方のお名前

②対象となる方のお名前とご年齢

③ご相談内容(200字以上でお知らせくださるとわかりやすいです。)

④ご連絡先メールアドレスとお電話番号

ラーニング・シー Learning Sea
TEL 080-6883-1199
E メ ー ル info★learningsea.jp(★を@に変えて送信ください)
ホームページ http://learningsea.jp

* * * * * * * * * * * * * * * * *

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*