保育園・幼稚園、また学校で、お子さんへの対応に困っている時。

ご家族に理解してほしいけれど、なかなか伝わらない…

こういうことってよくあります。

話し方を変えると、伝わりやすくなります。

【伝え方のコツ】

① 園や学校の活動がイメージできないかも

突然、漁業のお仕事で困っていることを話されても、その場面をイメージしにくいですよね?

あるいは、税理士さんのお仕事についてもそうじゃないでしょうか?

ご自分のお子さんのことだから、わかるだろう、と思ってしまいます。

でも、他の子と混じってする生活場面は、案外わからないものです。

場面の説明は、頭にビジュアル・イメージが浮かぶように伝えます。

周りはこうしていた、と周囲の様子も伝えることも、実は大切です。

先生がお子さんのために時間を割いてくれたこと、周りから見られている状況も伝わります。

場面だけ切り取ると、先生が常に全体を見ていることがわかりにくいのです。

② 家庭での様子を具体的に聞きます

ついついこう質問しませんか?

「ご家庭ではどうですか?」

こう聞かれると、うちでのどんな場面のことを聞かれているか、パッとは頭に浮かびません。

それでついつい

「特には…気にならないですね。」

となります。

例えば、

「夕食の時、座って最後まで食べていますか?」

「買い物に出かけた時、ママのそばにいてくれますか?」

など、具体的な場面を聞くと、そういえば… と思い当たることが出てきやすいです。

ママも大変ですね

忍耐強く面倒を見ていますね

と労うと、同志になります*

③ わかってほしい!と勢いよく話すと、引かれてしまう

お子さんが大変なの!わかって!

というのは、「あなたはわかってない!」

と言っているようなもの。

先生のご苦労は重々、わかります。

ここは、ゆったりと深呼吸してください。

わかってほしい、というこちらの思いより、

「ママに相談したいの」

「ママはどうしたい?」

(お子さんにどうあってほしい?)

「もしかして、おうちで取り組んでるいい方法がある? あったら教えて」

話の始まりがお互いそろいます。

ちょっとしたコツです。

こちらも気をゆるめてゆるゆるとお話しすることで、話がじんわりママにしみこんでいきます。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*