先日、養護施設職員研修で、職員さんに「たくさん受け取ってほしい」というようなことを

記事に書きました。

受け取り下手なのは私も同じだった、ということに気づく出来事がありました。

その方とは、最後の面接でした。

私も、これが最後か・・・。自立していくことは嬉しいことだけど、ちょっと寂しい・・・。

と、これまでの面接の過程を思い返していました。

時間になってその方が入室されたときに、花束を持っていました。

私が何かの行事でその方がもらったものですか?とたずねると、私にふわっと渡してくれたのです。

すっかり面食らって、受け取ったまま固まってしまいました。

われに返ってあわてて感謝をお伝えしました。

もらってしまっていいのだろうか、この花束に値することを私はしたのだろうか?!?!ということが

頭の中をぐるぐるめぐり、素直に喜ぶ!ということができなかったように思います。

ただ、好きな色の組み合わせだったこと、サプライズに驚いたこと、嬉しいことを繰り返しお伝

えしました。

<受け取る>ことへのメンタルブロックは、昔より軽くなったと思うのですが、まだ根強く

あることに気づきました。

受け取り上手だと、より与えるものがパワフルになりますよね。

受け取って、また返す、エネルギーのリレーです。

たくさん受け取って、誰かにリレーする。

きっとその方もそうしてほしいと思ったんですよね。

そう考えると、その花がいとおしく思えました。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*