前回の続きです。

やらされ感にならない促し方をお伝えします。

コツは、子どもが自分で決める、「自分で始めた」という気持ちになるはたらきかけです╰(*´︶`*)╯♡

いいかも〜(*´∇`*)と思った方はご参考ください*

⑴ 子どもの選んだパンツを買います

たくさんの中から自分のサイズに合うもの、自分にとって合うものを子どもは選べないです。

そのお子さんの好きなキャラクターやデザインのパンツをパパママが3~4枚みつくろいます。

子どもに見せて、「どれが一番好き?」と聞いて、子どもが一枚選びます。

残った中で、「この中でどれが一番好き?」と聞いて、そこから子どもが一枚選びます。

始めは2枚、子どもが選べばOK。

パンツに馴染めば、あとはパパママが選んで買ったものも受け入れやすいでしょう。

だから、もうすでに買ってあるものも大丈夫、これから活躍します。

⑵  パンツと仲良しになる╰(*´︶`*)╯♡

「トレイでおしっこしましょう!」という縛りの象徴(シンボルマーク)としてのパンツだと、子どもにとっては近づきたくない、失敗したらどうしよう、と【パンツ=不安をかりたてるもの】になります。

パンツと楽しく仲良しになりましょう╰(*´︶`*)╯♡

パパママとの遊びの中でパンツで遊び、楽しい感覚でパンツと触れ合います^o^

例えば、

お子さんのパンツをパパママがはこうとする

パンツってどうやってはくんだっけ?と腕に通したり

上下逆さにして履こうとしてみせる

頭にかぶってもいいですよ(๑>◡<๑)

人形にパンツを履かせる、かぶらせる(о´∀`о)

パンツをもってでおいかけっこする

などなど

これは、パンツを大事にしていない!という方もいるかもしれませんが、まずはパンツと仲良しさんになることで、パンツ大好き╰(*´︶`*)╯♡、パンツを大事にすることにつながります。

⑶ パンツを自分で決めた場所に置く

パンツを置く場所を子どもが決めます。

ここでも子どもが自由に決めると、「ここはダメ!」と、結局、叱る場面をつくってしまいます。

叱らなくても済むように、パパママが「こことここ、どっちにおく?」と選択肢を与えます。

オムツを替えるときの場所がオススメです。

たためるなら、自分でパンツを一つ折りして、決めた場所にパパママと一緒に置きます。

「パンツさん、バイバーイ」とそこから去ります。

そうなればもうパンツさんと仲良しです。

あとは、様子をみながら、時折、「オムツとパンツどっちにする?」とか、「新幹線のパンツはきまーす^^」と言って、子どもの反応をみながら少しずつ促していきます。

【オプション】

場合によっては、パンツを履いて、その上にオムツで練習する方法もあります。子どもは濡れた感覚がオムツよりわかる、パパママにとっては床や服を汚さないから安心です。

これらのやり方は一貫して、「自分で決める」、「自分でする」ということが大事なコツです。

パンツはかされる~(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

やらされる~。・゜・(ノД`)・゜・。

という感覚に子どもは敏感です。

実は大人もそうです(*´∇`*)

自由にやってだと進化しないし、こうしなさいだとこれもまた発達しない。

 
その中間、パパママは子どもの道案内役です。

 
 
「こんなことはどうしたらいいんだろう?」

 
などあればブログの記事でお答えします。

 
今月、10月中の受付です。

 
下記のラーニング・シーのホームページ「お問合せ」フォームからどうぞ(^-^)

 
わからないときは「わからないです。ごめんなさい。」

 
とお伝えしますね(^-^)

 
今日もみなさまにとってよい一日でありますように。

 
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

いつもいいねと、ポチッとありがとうございます*

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

今、鉄道シリーズの切手シートが売ってるのですねー!

早速買ってみました╰(*´︶`*)╯♡

**********************

言葉や落ち着き、読み書き学習等でお悩みの方は、ラーニング・シーへご相談ください。

ホームページはこちらです。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*