フォイヤーシュタイン・インストゥルメント・エンリッチメント

FIE  Feuerstein Instrumental Enrichment

IE教材 見本

昨日から川崎で、5日間の講座を受講しています。

【ベーシック1 ワークショップ】

期日  2016年8月8日〜12日

あまり知られていない教材とプログラムです。

フォイヤーシュタイン博士の師は、発達といえばあの人!のジャン・ピアジェです。

認知機能の発達段階を

①感覚運動期
②前操作期
③具体的操作期
④形式的操作期

の4段階に分けて発達の理解を広く普及しました。

ピアジェのもとで多くの人が学びました。

ピアジェが発達を後追いし、発達を18歳までととらえていたようです。

それに対し、ピアジェに師事し、フォイヤーシュタインの同僚研究者であるレフ・ヴィゴツキーは、教育によって発達に働きかける信念を持ち、「発達の最近接領域」を考えました。

「発達の最近接領域」は、一見そのことができないように見えていても、子どもがそれを理解していてアウトプットされる前段階にある、できる一歩手前の段階のことです。

それは子どもの発達を信頼することです。

フォイヤーシュタイン博士はこのヴィゴツキーの理念と調和するものです。

どうやってこの「発達の最近接領域」にアプローチするか?

具体的な手法と教材を考えたのが、フォイヤーシュタイン博士であり、作り上げた教材とプログラムが認知能力強化教材です。

特に、第二次世界大戦後に家族を失いトラウマを抱えた孤児たちの教育に熱心に取り組んだ人生でした。

認知能力強化教材、と言うとスパルタ教育に聞こえなくもありません。

しかし、認知能力強化教材にはソーシャルスキルも含まれます。

ソーシャルスキルも認知機能なのです。

ただ形の区別や言葉の理解といった、四角張った認知機能を育てるものではないのです。

いかに全人的な成長に働きかけるか、目標が高いのです。

フォイヤーシュタイン博士の愛たっぷりの教材です。

教材に一貫しているのは必ずしも答えは1つではない。

なぜなら見方によって違うから。

そんな教材をつくることは、私の中で不可能でした。

どんな課題もパターンがあります。

しかし、そのパターンを崩すのです。

自閉症の人にとって欠くことができない「パターン崩し」が盛り込まれているのです。

答えが2つある!ということもある。

気持ち悪いのですが、立場や見方が違えば確かにそうなのです。

その曖昧さに耐えるというか、馴れることが当たり前なのです。

とても豊かな教材です。

もっとも有名な「点群の組織化」の教材も、驚嘆するばかりです。

ワーキングメモリーを必要とします。

点を結んでいくつかの図形を見つけるためには、頭の中で図形を置いておかなければなりません。

しかも回転させたり○○したり、○○したり。

いくつかの図形を描くためには、2つ、3つを頭の中で描くわけです。

マルチタスク(同時作業)です。

さらにフォイヤーシュタイン博士の認知能力強化教材の優れているところは、自分の理解したことを言葉でアウトプットするところです。

考えをまとめて文章にまとめる、ということではありません。

その場でその子のペースで言葉にします。

わからないことを言葉にするのではなく、「わかった!」を言語化するのです。

集団生活では、トラブルや失敗についてしつこく反省と言語化を求めます。

それだとあまり実りがないです。

「わかった!」は、素通りされるところです。

それを丁寧に時間をかけて取り上げるのです。

それって素敵なことですね。

抽象化されたことを言葉にしたり、具体的なことを言葉にして抽象化をはかる、この行き来をするのです。

それを意図しているところが素晴らしいです。

それこそがソーシャルスキル、ライフスキルでもあるのです。

アメリカの「教育のユニバーサルデザイン」、生きるために必要な力を習得する、というドライなものではないのです。

フォイヤーシュタイン博士の認知能力強化教材は、しなやかで優しくたくましいのです。

これぞユニバーサルデザインなのでは、と思いました。

教える側を教師と呼びません。

「媒介者」と呼びます。

子どもたちと新しい知識や経験の間に媒介するもの…という意味なのでしょうか。

この言い方も、フォイヤーシュタイン博士の理念を表しています。

まだまだ2日目で、講座はあと3日残しています。

明日は健診の仕事で宇都宮に戻ります。

もちろん別日で1日分を後日受講します。

今日も良い学びでした爆笑感謝

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

{5C981DD7-AF22-41C7-8B3B-4CAD3736C2AF}

受講したら、ブレインジムインストラクターばかりで驚き爆笑

贅沢な5日間です照れ



* * * * * * * * * * * * * * * * 

ラーニング・シーでは、

発達のカラフルさん、子どもさんから大人の方、


またそのご家族、支援者が楽しく自分の力を発揮して過ごせるようお手伝いします。

リズミック・ムーブメント・トレーニング

ビルディング・ブロック・アクティビティ

ブレインジム

ビジョントレーニング

などを用いて、運動や認知、学習に働きかけます。  

 

http://s.ameblo.jp/learning–sea/entry-12159805923.html

 

【個人セッション】

    60分  10,000円

    90分  15,000円


お電話やメールでどうぞお気軽にご相談ください。

ピンク薔薇ご予約のお申込みピンク薔薇

下記についてメールかショートメールでお知らせください。

 

①お申込みの方のお名前

②対象となる方のお名前とご年齢

③ご相談内容

④ご連絡先メールアドレスとお電話番号

【ラーニング・シー Learning Sea】

TEL 028-307-6749

TEL 080-6883-1199
E メ ー ル info★learningsea.jp

(@@を@1つにして送信ください)
ホームページ http://learningsea.jp

 

* * * * * * * * * * * * * * * * 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*