2011年、3.11東日本大震災の翌年、2012年です。

そのゴールデンウィークでした。

何か被災地支援ができないものか・・・と思っていました。

【これからの支援に役立つジョイ・プロジェクト「遊びを使った子どものキャンプと研修」】

というものに参加し、

気仙沼市に行ったときのことです。

厳しい実情を見聞きしましたが、そこではさまざまな人が支援に来ていて、素晴らしい出会いがありました。

その中で出会った児童精神科医さんが、

「こうやったら
(レイジーエイトを親指で空にえがきながら)、
LDの子が字を書けるようになるんだよ~」

と、お話ししてくださったのです。

「ええっ? それはなんですか???」

上下左右するこの動き、満遍なく空間を行き来する、無限大の動き と 文字

それはあり得るかもしれない・・・

なにがどうしてそうなのか、さっぱりわからないけど

何かエッセンスがつまっていそう。

これは学んでみなければ!

その頃はまだ携帯電話でしたし、宇都宮に戻ってから急いで調べました。

一つのテーマについて、連日3日間の講座!!!

研修マニアではあったものの、これまで受けてきたものは1日研修が多く、2~3日間かかるのは学会くらいです。

スケジュールを調整するのも難しい。

でも学んでみたい。

そうやって、同年8月に、はじめての101講座を受講しました。

何がなんだかよくわからないけど、発達障害によいらしい・・・。

受講してみて、一番の感想は、

自分が楽になった!!!

ということです。

3日間は、体が変わるのなんで~~???

どうしてそうなの~?

体を動かすと、なんでこうなるの~?

納得しつつも、自分ではうまく説明できず、不思議な感覚でした。

また、自分のさまざまな兆候にまったく気付かないできたんだ~~!

と驚きました。

体に鈍感だったことに初めて気づきました。

また、30年かかえてきた、朝の不調が、1ヶ月のPACEの継続で、きれいになくなってしまったのです。

低血圧のためか、朝は何かとイライラ ヒステリックにしていたのです。

しかし、しゅーんと、クールダウン。

静かに黙々と朝の支度をしている自分に気づきました。

3週間後くらいにそのことに気づいて、おおおお~~~

びっくりしました。

とてもびっくりしました。

私、こんなに変われるんだ!

私、こんなに苦労し頑張ってたんだ~

大人でも成長するんだ!

まだまだ進化するんだ~~~

大人でさえ変わるのだから、子どもは・・・・・!!!

相談に来る子どもとやってみると、クロス・クロールの難しいこと難しいこと。

しかし、フック・アップをすると、行動が落ち着く・・・!

手応えを得て、あれこれ試し、こんなことで苦労していたのか~、と発見することが増えました。

「知能検査のこの課題がわかりにくかったのは、こういうところからきていたのか~~」

「では、このエクササイズを試してみるとよさそう。」

少しずつ手立てを提案できるようになったことが嬉しく、もっともっと体の動きについて知りたい!と思って学んでいるうちに今に至ります。

今は、私自身が楽に前向きな生活に変わり、ブレインジムに出会えたことに感謝しています。

{A2A34CE5-700B-4896-B7E4-92A7016DEBE4:01}

 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*