私たちは、なぜ文字を書けるの?

文字を書くためには、たくさんの力が必要です。

ぽってり苺音を分けてとらえることができる。
例)さかな  ▶︎ さ  か  な  3音

ぽってり苺音と文字のマッチング
聴くと見るのコンビネーション

ぽってり苺文字の形・構成をとらえる
上下左右の理解
全体の分解、部分と部分の関係

などなどです。

 

 
 

さて、3つ目の文字の形・構成をとらえることは、どうしたらできるようになるか?

 

 

答えは案外、簡単なんです。

 

 

例えば、あなたは相手の痛みをどう理解しますか?

 

 

「ドアに指を挟んじゃった」

 

 

「熱が出てだるい」

 

 

これを聞いて、

「あ~~、それは痛いよね~。」

「熱が出るとだるくて動けないよね」

って、わかりますよね。

なんでか?

簡単です。

それは自分も同じ経験をしたことがあるからですよね。

自分の経験を重ねて理解しているのです。

自分を相手に映し出して理解しているんです。

文字の習得もまさに同じなんです。

どこが???

と思うかもしれませんね。

【メンタル・ボディ・マップ】

が鍵なんです。

メンタル・ボディ・マップ、聞いたことはありますか?

頭の中にある、【自分の体の地図】です。

おおまかに言うと、ボディ・イメージに入るかと思います。

メンタル・ボディ・マップは、体を3次元でとらえています。

前後、左右、上下  の3次元です。

3次元あって、立体の体があるわけです。

子どもって、体は見えるところしか認識してないんです。

お腹しか見えてませんから、背中を認識するまで年齢を重ねる必要があります。

背中と言われても、「どこ???」って感じです。

お腹でさえ、おへそと言われてもパッと触れない子が多いです。

服をめくって探しています。

背中の理解は、体の前後の理解です。

これは、時間の理解につながると感じています。

上下の理解は、自分の上半身は腰から上、下半身はその下と理解すること。

上下のチームワークをつくります。

左半身、右半身も同じです。

右という認識はなくても、一方ともう一方、両側の理解が必要です。

自分の体の上下左右がわかると

例えば、

ペンがただの棒とどう違うかというと、

ペンは上部にペン先を押し出す部分がある

下部はペン先がある

真ん中は持つ部分

など上下の理解があるからなんですね。

物には上下がある、左右があるとわかっているから、自動的にそのように分解して理解するのです。

文字の理解も同じです。

左に縦の棒があって、
右には上に十があって、
下に○があって、
「は」

という文字になるわけです。

漢字を理解するのもこういうことなんです。

自分のメンタル・ボディ・マップがあって、

それをもとに物や文字、人、空間を私たちは理解しているのです。

だから、遊びながら体を動かしてさまざま実験するなかで、上下左右理解することが大事なんですねニコニコ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

{B489BA79-6927-42CB-B819-A511B330CAC0}

 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*