卒業式、卒園式がもう間近ですね。

先生方は大忙しでご準備されていることと思います。

卒園式や卒業式で、きちんと並んで立っていて欲しいのですが、みんなが動かない列からユラユラ動いている子がいたりします。

「ちゃんと立って」というと、動かずに立っているのですが、1〜2分経つとユラユラ〜。

何度言ってもユラユラしてしまう。

どうしてでしょう?

こうしたお子さんに眼球運動を確認すると

動くターゲットを1〜2往復なら目で追うことができるのですが、

3往復目くらいから眼球が止まったり、パパッと動いたり、違う方向を向いたりします。

あるいは、眼球は正面を向いたまま動かなかったりします。

むしろ眼球運動をするために立位姿勢(なににもつかまらずに立つ)をとってもらうと、すぐに後ろや横の壁、そばの机に手を伸ばして寄りかかってしまいます。

どうしてでしょう。

実は、バランス感覚が弱いからなんです。

じっと動かずにいると、バランス・センサーが重力を感じることができず、体をまっすぐ保つこと、バランスを保つことが難しいのです。

ユラユラ体を揺らすと、バランス・センサーが重力を感じ、姿勢を保てます。

一見すると、やる気がない、卒業式なんて関心がない、というふうに見えてしまいます。

実は一生懸命、ユラユラしながら姿勢をキープしているんです。

こういうお子さんには、ビルディング・ブロック・アクティビティBBAの脊椎散歩やコアの活性化、スカル・タッピング、あるいはブレインジムのクロス・クロール、ブレイン・ボタンなどなどがオススメです。

エクササイズを知らない方は、体幹をじわ〜〜っと使った遊びを少しするといいでしょう。

そしてまっすぐ立っている始めの1〜2分間の間に、

「まっすぐ立ててるね!」

「背筋がピンとしてかっこいいね!」

という声かけや

「グー!」のジェスチャー

で、頑張っている後押しをしましょう。

その行動が続きます*

お子さんの笑顔に今日も乾杯!

5 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます***