地域の保健師さんが、学校で性について話をします。

話題は、性行為・避妊・性病が中心です。

これを50分間で伝えるって、なかなか強行。

扱いにくい話を、どんな子たちかわからないクラスで突然話すって、かなりハードルの高いことです。

普段関わっている先生が話す、というのも難しさはあるなぁと思います。

そうした中学生との人間関係を抜きにしても、性の話が難しい理由はなんでしょう。

私も保健師さんからお話があって、今回、考えてみました。

性の話は、両極端になりやすいんです。

一方は、【汚らしい】イメージ

もう一方で、【神秘性・美しい】イメージ

なのです。

どっちか極端になります。

例えば、汚くていやらしい、両親や異性親への強い嫌悪感、自分自身に対する嫌悪感・罪悪感、異性と仲良くする同性の同級生への嫌悪感、性に関する罪悪感。

神秘性・美しいイメージは、好きになった人と自分の純愛、あなただけを好きで、大事なあなただからこそ共有するという性。

あなたと与え合う美しい愛。

恋愛・純愛への憧れ。

自分で書いてて照れてしまいます爆笑

この相反する極端を揺らぐのですから、思春期のエネルギーは大きいです。

この両極端があるので、思春期の性は難しい。

だからこそ、思春期講座では、私は本来の神秘性・美しさを伝えたいと思うのです。

あなたへ献身する一方の愛ではなく、自分を愛すること、あなた自身が愛である、という神秘性を伝えたいと思うのです爆笑

思春期講座の伝え方には、いろんな考え方があると思います。

一つの考えを書いてみました。

次回、両極端の難しさについて、具体的に書きます。

ピンクハート写真は、カクテル、シエスタ。

{E79EE41F-3EC0-449B-B144-6678D533AC70:01}

 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*