昨日の勉強会からテーマになった

【どこの町でもできる取り組み】

現在、健診で関わっている町で、1歳6ヶ月健診のフォローアップの親子グループを、新年度からすることになりました。

ある町では、心理士が2人、保育士さん1人、保健師さんたちとでグループをできるそうです。

でも、事業案をつくって、管理職や市長さんに説明して理解してもらって、住民の支払った税金を使うということは、たくさんの労力と年単位の時間を消費します。

それでも不可能なことが山とあります。

なので、まあやれるところからやろう(^∇^)

ということでグループをお引き受けしました。

実際、今年度、個別に子育ての相談に応じてきて、個別じゃとても消化できない件数があり、とても歯がゆかったのです。

一度お会いして、どうしているかしら?と気にもかかりますしウインク

新年度から始まるグループでは、

保育士さんがいないから、私が手遊び歌や親子遊びをリードします。

町の保健師さんと一緒に爆笑

ママとお子さんが楽しく遊ぶことを知っていたら

スマホや、必ずしも買ってきたおもちゃがないと遊べない、わけではないってわかります。

親子で体を使って遊ぶことが一番です。

動くと体がほころんで、笑顔がでます。

お子さんと笑い合ったら、ほっかり心をあったかくなって、なによりもキューンと幸せです照れ

時間を潰すために、お菓子やジュースを食べなくてもいいのです。

ちょっと気難し屋のお子さんとどう遊ぶかなんです。

知れば知るほどに、3歳までがとても大事です。

3歳まで待って様子を見るよりも
3歳までの柔らか~い  体と脳、心に

あたたかい関わりをしみこませます。

ちょっと気難し屋さんの体と脳、心にふんわりしみこむように、ママのお手伝いをしたいなと思います。

{263B8062-53C2-47BB-B2CB-AA9AA34063DC:01}

 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*