今日、4人で歩いていました。
そのうちの一人、Aさんだけ、空間認知に長けていて、方向感覚バッチリ!
私たち3人は、「こっちから来たんだっけ?」とあさっての方向を指さす。
そんなときにAさんが「絶対こっちでしょ!」と、信じられない!という表情目で言うわけです。

私たちが空間認知が苦手だからこそ、Aさんのキラリと輝けるシーンができます宝石白
ついつい、<できる=できない>の話になってしまうけど、そうじゃないんですよね。

空気が読めない人と接すると、
正直、こちらの気持ちを察してくれないのは面倒くさい。
「え!?」(°д°;) と思ってしまう。

そういうときこそ、ツッコミどころ!(^∇^)
笑いに変えちゃえばいいんだよね。
「え~~?! ここは『大丈夫?』って心配してよ~(^▽^)ノ」
こっちのコミュニケーションスキルが光るシーンなんだよね。


相手ができないことがあると、ついつい、足を引っ張らないでよ!
それじゃ事がスムーズに進まないよ!
手間かけさせないでよ!
と思ってしまう。

でも、そんなときこそ、あなたや私のストロングス(強み・長所)を周囲に伝えるチャンスになります。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*