私は始歩から35年以上、反り腰で生きてきました(о´∀`о)

中高生の6年間、合唱部に所属していました。

中学校時代は「いかに力を抜いて歌うか」がテーマでした。

首や背骨の左右をマッサージし、顎をゆるめ、肩、上半身をゆるめることを取り組んでいました。

高校の合唱部は、全国レベルだったので「ローマは1日にしてならず」がモットー。

朝昼夕と練習がありました。

腹筋背筋を鍛え、シックス・パックまでいかないけど腹筋はカチカチでした。

今思えば、中学時代と高校時代は、対極的なアプローチでした(*⁰▿⁰*)

この高校時代に、腰痛がひどくなり整骨院に通いました。

整骨院に行くと、運動部の高校生男女がひしめいていてビックリしました。

私は彼女たちのようにムキムキ体を動かしているわけではない、ただ歌っているだけで腰が痛いなんてどうしてなんだろう???

と不思議なのと、情けない気持ち、恥ずかしい気持ちがありました。

運動部特有の汗臭さや治療を受けるために横になったり、体を見せる恥ずかしさがいろいろ重なって、整骨院から足が遠のきました。

自分は女子校で免疫がないから、と思っていましたが、今思うと、匂いも恥ずかしさもモロー反射や恐怖麻痺反射からきていたのでしょう。

そしてなぜ腰痛が生じたか、今ならわかります。

立って歌っていましたから、腹筋使えば使うほど私の反り腰が反り反りして、上半身が前のめりになっていたのですね。

そうすると実は腹筋が抜けやすい姿勢になっていたと(о´∀`о)

そして、脚は両膝をロックしてガチッと固まっていたのです。

脚は置いてけぼりで、上半身だけ前のめりにです。

上半身と下半身のチームワークがないわけです。

骨盤に負担がかかって当然です。

よくやっていたな〜〜(о´∀`о)

最近は、両脚の上に骨盤がのってきました。

前と違う感覚です。

脚の付け根、腰から一歩一歩、脚を前に出す感覚です。

これまで胸や頭から前傾、前のめりで歩いていたのだなぁと実感します。

両脚の上に骨盤がある。

新しい感覚です。

前傾しない分、背筋が伸びます。

背が高くなったように感じます。

リズミック・ムーブメント・トレーニングのおかげで、バランスのとれた腰の位置がしっくりきました。

リズミックをしていなかったら、新しい位置をここだよと教えられても、バランスのとれた位置のはずなのに、安定感よりむしろ居心地の悪さ、苦しさを感じていたことでしょう。

リズミックありがとう╰(*´︶`*)╯♡

いつもいいね!とポチッとありがとうございます*

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

エクササイズ・チューブを買いました。

これで体幹や体幹から四肢へのつながりを、リズミックやブレインジムのビフォア・アフターで実感していただけるツールになると考えています(๑>◡<๑)

 

*********************

言葉や落ち着き、読み書き学習等でお悩みの方は、ラーニング・シーへご相談ください。

ホームページはこちらです。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*