図工(製作)、国語・算数、作業など、いくつか手順のある課題を何かやり方を教えるときに、どう伝えますか?

アンバランスな発達な人には、

① 始めに完成を見せる
② いくつの手順で完成・達成か伝える
③ 手順をやってみせる

一般的な学校の授業では

手順を一通り説明する。
失敗しないように、注意事項がたくさん。

いくつもの手順を長々説明すると、話の緩急なく淡々とした説明で、大人でも注意を持ち続けることが難しいです。

そんなとき、ソーシャルスキルトレーニングの場で使われるのは、

失 敗 例

この方法、日常の指導の場でもっともっと使えば、楽に子どもを惹きつけられます。

こうしたら失敗するよの話は、うんざりして「はいはい」と聞き流すことが多いです。

わかってるよーと思うのです。

で、実際やってみるとわかっているのに、失敗して

「やっぱり!」
「ほら聞いてなかった!」
「だから言ったのに」

と言われます。

さらにうんざり、やる気0、おへそがグルンと背中へ。

失敗しないように事前に説明することは、よく聞いてほしい子どもこそ、ほぼ100%の確率で成功しません。

成功しないやり方よりも、

失敗例をやって見せると、高い確率で子どもの注意を引くことができます。

子どもは笑って見ていることでしょう。

さまざまな感情の中で、楽しい感情がともなう出来事が一番、記憶に刻まれます。

だから忘れません。

実際に作業するとき、そうそう、こうすると間違うんだよね!と思い出します。

この方法で授業は断然、楽しいものになります。

授業や保育指導のうまい先生は、自然とこの方法をよく使っています。

これにちょっとした味付けをして、さらに記憶に深く刻む方法があります。

明日、ご紹介します。

もしかしたら、もう予想される方がいるかもしれませんね。

ラーニング・シー
Learning Sea

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*