伝え方で、受け止め方がずいぶん変わります。
女性だったら、こんなふうにご家族、ご主人やお子さんに言われたら、どんな気持ちでしょうか?

「ごはん作って!」

「早く作って!」

「洗濯して!」

ガーンガーン!!!

なんだかとても辛いことばにですね。

こういうふうに立場を変えて置き換えると、気づくことがあります。

お子さんへのことばかけ

「おもちゃ片付けて!」

「早く支度して!」

「早くごはん食べて!」


早口で大きめの声で言われると、

内容よりも、▲▲▲怒られている▲ね。

やらされ感満載です!


お子さんだけでなく、ご主人にもしていませんか?

私も自分が整っていないときは、こうなります。

しょぼんごめんね!(思い出して謝りたくなりますにひひ

どういうことばかけがいいでしょう?

簡単です!


「~します」

と肯定文で言います。

お子さんが主語になることばかけです。

「片付けます」

「ごはんを食べます」

「着替えます」

すると、すっと受け入れやすいのです。

さらに10倍、受け入れやすくなるコツは、<声の大きさ>

小さな声や普通の大きさの声で言います。

小さな声や普通の大きさの声が届くには、遠くからでは聞こえません。

お子さんは遊びに夢中で、耳に入らないかもしれません。

だから、お子さんに近づいて

名前を呼んで間をおき、注意をこちら引きます。

こちらを向いたら、

「お風呂に入ります」

と言います。

愛のささやきのようにラブラブ

ひとつひとつのことばを大事にします。

大切にしたことばは、相手にも大切にされます。

荒っぽく投げられたボールは、荒っぽく返ってきます。

夫婦が、かつて恋人だったときは、お互いに伝え合うことばが、ひとつひとつ思いを込められていたと思います。

熱のこもったことばでした(現在形の方もいますね*)。

何度もボールをビシビシ投げると疲れます。

相手がこっちを向いてから、ボールをやさしく投げます。

なんと、1回のことばかけで済んでしまったり!

あったかいボールが、こちらに返ってきます*

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*