感覚が敏感な子、こんなことはありませんか?

耳周りを触られると不快で、
首をすくめる
髪を切ることを怖がる

耳そうじを嫌がる  などなど

中耳炎になりやすいタイプだと、耳鼻科に行って治療を受けることがとても苦痛です。

口周りが敏感だと
仕上げ磨きで毎日絶叫する
ご両親は心が折れてしまうか
罪悪感を感じながら無理やりする

ということがあります。

そんなお子さんは、離乳がなかなか進まず、特に夜、寝る時におっぱいを飲まないと寝付けない、泣き叫び続けるのでおっぱいをあげてしまうんです…、とお母さんがご相談されることは少なくありません。

おっぱいを飲みながら寝てしまうから、必然的に虫歯になりやすいわけで、健診では歯科衛生士さんに注意され、虫歯や歯石があれば指導され、栄養士さんにも叱られるという二重苦、三重苦にさらされます。

仕上げ磨きは大丈夫でも、気づくと指しゃぶりしていたり。

指を取っても、すぐに指を口に入れていたり。

どうしてこんなに敏感なのでしょう?

顔に張り巡らされている神経系を見てみましょう。

実は三叉神経系と言われる、三又に分かれる大きな大きな神経が張り巡らされているんです。

0

右のこめかみから、ぐわ〜〜〜っと!

 

 
 

左のこめかみから、ぐわ〜〜〜っと!

 

しかもこの三叉神経系、

原始的な脳、呼吸や脈拍、血圧など生きることに必要な脳である、【脳幹】と直結してるんです!

腰から首までつながる、背骨と頚椎にある長〜〜い神経系、【脊髄】がありますよね。

この【脊髄】が【脳幹】につながっていて、

そして【三叉神経系】へもつながっているわけです。

そりゃ敏感ですよね!

さてみなさん、ホムンクルスというのをご存知ですか?

0

一般的な人の形と比べると、体のパーツの大きさが違いますね。

0

へんな脳の図解ですね。

見たことのある方も多いでしょう。

実はこれ、

人の感覚について脳との関係を、電気刺激実験したのがカナダの脳外科医ペンフィールドです。

上図のとおり、

大脳皮質の  「運動野と体性感覚野」とあらゆる感覚の対応を調べた結果が、ホムンクルスです。

それを見ると、目、視覚はそんなに大きくないことがわかりますね!

そして、大きな口、耳、おおお〜〜きな手!があります。

耳や口の感覚から、多くの刺激を得ていることがよくわかります。

 

耳と口が敏感な理由を実感していただけたでしょうか?

耳と口、敏感な場所なのに、さらに難儀なことに!

自分から見えないんです!

見えないところをあちこち触られたら気持ち悪いですよね?

口の中のどこを触られているかわからないわけです。

耳そうじをしてもらうとわかるように、耳の穴の入り口を触られているのに、耳の穴の中を触られてるーーー!!!

こわ〜〜〜いっっo(`ω´ )o

子どもの頃、こんなふうに感じませんでしたか?

口の中も同じです。

だから仕上げ磨きも耳そうじも怖がるわけです。

感覚の敏感さはこうしたことで生じているわけです。

さて、じゃあどうしたらいいの?

それについては次回書きますね。

今日も読んでくださりありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡

疑問やご感想、面白い知見があったらどうぞメールでお知らせください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

いつもいいね!とポチッとありがとうございます*

*********************

言葉や落ち着き、読み書き学習等でお悩みの方は、ラーニング・シーへご相談ください。

ホームページはこちらです。

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎

1 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます**