① トピック【5カ国の小学校の座席システム】
② 小学校の先生は考えた!「LEGOブロックを使った分数の教え方」がナイス

=========================================

①【 教室の座席配置

学校の教室を観察するにつけ、環境調整について考えさせられます。

もっと机や椅子の配置を工夫して、実験してみることは面白いだろうなぁと思います。

この記事から、机の配置によって、どんな活動がしやすいのか、変わってくることが示唆されます。

ご参考まで*

◆ロシア

長机に男女ペアで座り、講義スタイル。

日本と似ている。

◆イギリス・ケンブリッジ

5~6人で1つのテーブルに座る。

グループの中で課題の解決を試行錯誤し、学びあっていく。

◆フランス・パリ

机が円に並んでいて、真ん中に空間がある。

先生は中にいて、発問し、子どもは議論するスタイル。

◆日本

講義形式。

ロシアに似ている。

◆アメリカ・ウィスコンシン州

机が円に並んでいる。→個人作業・議論

円の中には、絨毯とソファーでリビングみたい。→国語・読み聞かせ、決め事、連絡

離れたところに、大きな机がある。→個人作業~ステップアップ課題

活動によって場を変える。

==================================

② 小学校の先生は考えた!「LEGOブロックを使った分数の教え方」がナイス

レゴブロックで、分数がわかりやすい!
一見の価値あり*

ラーニング・シー Learning Sea

0

 

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*