以前、交通事故で首を痛めて、首コルセットを巻きました。

これをすると、首が回らないんです(^▽^)

首を守るためですから当たり前!べーっだ!ですよね*

それで気づいたんです。

首が回らないと、聴こえないんです。

カウンセリングをするわけですから、聴くことが仕事です。

それなのに、聴こえない聴こえない叫び

なんだかぼわーんと霧の中にいるようになってしまいます。

ブレインジムで、聴きやすくするためのバランス調整で、ブレインジム・エクササイズをする前とした後に【首を回す】ことをします。

なんでだろう???

と思っていましたが、よ~~くわかりました(^▽^)

ストレスが積み重なり、首や肩が凝ると、首が回らなくなって、難聴が生じます。

この首が回らなくなることが、影響しているように思います。

ちゃんと確かめていないからわかりませんが、もしご存知の方がいたら教えてください*

あなたもすぐ試せる方法があります。

両手で首を包んでください。

その状態で、人の話を聞いてみてください。

(本を音読してもらうとわかりやすいです)

そして、両手をはずして、再び同じように人の話を聞いてみます。

するとどうでしょう?

違いを感じませんか?

両手を首に当てて、首が回らない状態にすると、聴き取りにくくなる方が多いと思います。

小さなお子さんを観察すると、名前を呼んでも振り返らず、まっしぐらに走って行っちゃう子、振り返らずに目の前の気になるものに集中してしまう子は、首を回すことがあまり見られません。

こういう子は、一点集中派で、視野がせまかったりもします。

指示を聴いても忘れてしまったり、プランニングがうまくいかなかったり苦手で、ワーキングメモリーも弱いように感じます。
小学生には、「肩が痛くない?」と尋ねると、「右肩がいつも痛い」と言ったりします。

肩がカチカチだったりします。

ご家族に伝えると、「初めて知った」と驚かれることがあります。

お子さんは自分のいつもの体なので、当たり前になっていて訴えないのです。

こんなお子さんや大人の首・肩に

オススメなのが、ブレインジムのアウルです。

また、シンキング・キャップもいいですね。

やり方をネット上には公開できないので、知りたい方はどうぞ公式講座へおいでください。

もちろん、ブレインジム以外にもアプローチはあるかもしれませんね。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*