【第18回あるべき支援を考える会自閉症セミナー
自閉症の人の自立への道のり
    ~生活の自立をより具体的に~】
 
一人一人の自閉症の人に、30年、40年と長期にわたり関わってこられ、いわゆる〈定点観測〉を積み重ねてこられた篁先生だからこそ語ることができる内容です。
自立のために、子ども時代に何をするといいのか、ということを紐解きます。
 
講師:篁一誠 先生

(NPO 法人 PDD サポートセンター グリーンフォーレスト 理事長・臨床心理士)

 
会 場:日光市 大沢公民館
参加費:1,000円
 
 
申込先:Mail:arubekisien@yahoo.co.jp 
    FAX:036(893)5463

 

※ 翌日 1月31日(日)9:00

マイルドなクローズドグループで、事例検討をします。

今回は、子ども発達支援センターから事例提供いただく予定です。

もしご関心のある方は、福田までご連絡ください。 

 

あるべき支援を考える会は、NPO法人化を目指しています。

自閉症についての理解や関わり方について深めたい方、一緒に飲み仲間になりませんか?

http://arubekisien.jp

『自閉症の人の自立への力を育てる―幼児期から成人期へ』

 

自閉症の人の自立への力を育てる
  • 篁一誠著、NPO法人東京都自閉症協会編。定価2,000円+税。
  • ぶどう社刊 HP:http://www.budousha.co.jp
  • 〈序章〉、〈自閉症の人の特徴〉から始まり、〈幼児期〉〈学齢期〉〈思春期〉〈青年期〉、〈成人期〉、そして〈高齢期に向けて〉と、年代を追ってそれぞれの時期の特徴と支援の方法を提案しています。
  • よりよい成人期に向けて各年代をどのようにすごし、どんな力を育てていけばいいのか?
0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*