今日は、都内にて「陰陽五行」の連続講座を受けてきました。

5回講座で、今回2回目です。

「陰陽五行って何?」

という声が聞こえてきそうです^ – ^

世の中のあらゆる事象・事物を理解するための東洋に昔からある「理論」です。

陰陽五行であらゆる事象を説明できるということなんです。

つまり、物の見方、考え方を学ぶ講座なんです。

たとえば、

勾玉を2つ合わせると、円になりますね。

あれが陰陽です。

物事を理解するとき、2つのうちどちらなのか、相反するものを物差しにして考えることはよくあることです。

とてもシンプルで、根源的な考え方です。

そして五行は、火水土木金の5タイプに分けて物事を説明するという理論です。

5色の色で表しもします。

黒白の陰陽に対して、五行はカラフルです。

つまり、陰陽の方がデータ的、記号的、抽象的ということです。

それに対して、五行は具体的です。

何事も陰陽ある
何事も五行ある

と考えると、見落としが少なくなると思います。

想定外が減るように思います。

私たちはついつい見えることだけで判断してしまうのですが、目の前の出来事が陰のことでも、しかし、何事も陽の面が必ずあるのです。

逆もしかりです。

こうやって陰陽五行で考えると、物事への見方が「木を見て森を見ず」を防げます。

すべての事象や事物は常には全体の一部です。

東洋思想って豊かですね。

だから、陰陽五行は別名、帝王学です。

国を治める人が学ぶ学問だったのですね。

納得です。

来月の学びも楽しみです^ – ^

お茶菓子盛りだくさんで嬉しいです😆

みなさんあちこちから学びにお越しで、お菓子もさまざま🍘

 

遊んでませんよ^ – ^

 

学びの1つです。

 

五色の関係を紙粘土で確かめました✨

1 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます**