2/17(火)に、養護施設職員研修で、講師依頼をいただき、ある養護施設に訪問しました。

2時間の研修。

普段、子どもたちに与えて与えて、疲れきっているだろう職員の方々に。

今回、たくさんのギフトを受け取ってほしいと思いました。

被虐待児に接していると、支援者も二次的に傷つき、子どもに十分与えられていない、

と自己評価を下げます。

それがバーンアウトにつながります。

はじめに、PACEをひとつひとつ実感してもらいました。

フックアップの時には、オラクルカードから「受け取る」ことについて、メッセージを

読みました。

そのおかげか、PACEの中でフックアップが一番人気となりました。

その後、遊んで笑ってセルフケアを深めたいと思い、

一人ひとりに配ったオラクルカードのかけらを、無言でコミュニケーションし、完成する

というアクティビティをしました。

みなさん、沈黙すると手足や表情も動かなくなり、ジェスチャーできない様子が見受けら

れました。ふだん、ことばに頼っているかもしれませんね。

そして、ストレス状況では固まってしまうという、原始反射の活性化?に感じました。

これも、子どもたちから受けた二次受傷かもしれませんし、そのほかの理由もあるかも

しれません。

そして、

「ねぎらいワーク」をしました。

これは、ペアでします。

肩や背中などに手を置いて、ことばをかける、というワークです。

ストレスが多いと、みなさん同じことばや遠慮がちなことばになります。

今回は、色を選んでもらいました。

色とメッセージが対応していて、選ばれた色のメッセージを相手に言ってもらう、という

ことにしました。

みなさん恥ずかしがったり、笑ったりして楽しそうでした。

思うだけでも伝わるんですけど、ことばにすると、より言霊が宿るように感じます。

最後の30分は、原始反射の話をしました。

子どもがイライラしやすいこと、パッと強い反応があるのは、原始反射による制御

できない行動というより、反射なのだと伝えました。

ブレインジムのPACEで変化を実感されたのか、手のマッサージだけでなく、足の

マッサージも自発的に始められていて・・・。

すると、最後の20分で、みなさん眠り始めました。

午前11:40です。

ふつうは眠くなる時間帯ではないはず・・・。

ブレインジムをすると、いつもと違う体の使い方をします。

みなさん、普段、強い筋緊張のもと仕事されているかもしれません。

体がほぐれてリラックスしたのかもしれません。

これはタイミングだと思い、ペアでポジティブ・ポイントをしました。

クリスタル・チューナーで、音叉を響かせると、職員さんも児童相談所の心理士さん

たちも驚いていましたが、まぶたを閉じて味わっている様子でした。

まぶたを開けると、ふわ~~っと、現実に戻ってこられたような表情で、ずいぶんリラックス

されたのだなぁと感じました。私の思い込みかもしれません^^

最後に、ペアシェアしたり、全体シェアする時間がとれたら、おとしこみができたなと

いうのが反省点です。

また、ブレインジムを取り入れるには、施設全体での理解、管理職の理解が重要だと振り

返りました。その点が弱かったです。

今後の研修開催に生かします。

継続して取り組んでいただけるか不安ですが、その時間だけでも楽しかった、自分のこと

が好き!と体感してもらえたらなら本望です。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*