海のように広く、深く、輝き、響き、豊かに学び、進化続けること。波や風、光、魚や海草、鳥たちと踊るように、わくわく学ぶこと。

その他

お越しくださりありがとうございます。
お客様から届いたご感想を載せております。
講座受講を迷われている方もそうでない方も何かのご縁です。
ラーニング・シーに寄せられたご感想をどうぞご覧ください。

2017年4月~11月「ふんわり家族プログラム」を受講されたパパママさんのアンケート結果

 今回は「ふんわり家族プログラム」というお子さまをもつ親御さんを主な対象としたペアレント・トレーニングの講座でした。
 4月~7月にかけて6回のプログラムを実施し、追加2回のご依頼があり11月に2回実施しました。

 アンケートでは「学んだことを、あなたはどのように役立てますか」という質問に次のように回答(自由記述)くださいました。

 「失敗した時に『怒らない』『否定的な言い方はしない』『キラキラ注目』を心がける」
 「まずはキラキラ注目を心がけていくことを忘れないようにしていきたいです。ミラー反射で親がイライラせず穏やかに過ごすことも大切だと思いました」
 「第三者のやわらかい視点をもてたことで、自分自身が厳しくなりそうな時のブレーキの存在でした」
 「発達凸凹さんの保護者との面接に学んだ色々な視点を役立てたいです」(勉強に来ていた臨床心理士さん)

 参加されたパパママさんが、子どもとのよりよい関わり方を真剣に考えていることが伝わってくる自由記述です。
 学んだ技法・視点をお子様との関わりに生かしていこうという意志が感じられてラーニング・シーがお役に立てたことを
 とてもうれしく思います。

 パパママさんは、プログラムの中で学んだ技法をすぐに使い宿題をする中でお子さんと取り組んでくださいました。
 4月から始まり11月の時点では、親子関係が大きく変化穏やかになったお話をたくさん伺うことができました。
 ご参加くださったパパママさんの日々の積み重ねの証です✨
 8ヶ月間で大きく進化されたパパママさんに乾杯!
 ご自分の進化をお祝しましょう!


 お祝いすることがゴール癖をつけます。
 いつまでもゴールできない癖をつけると、永遠に続く砂漠をさまよっているかのようになってしまいます。
 しっかりご自分の進化をお祝いすると、新しいゴール(目標)へとご自分のペースで歩みをスタートできます。

 プログラムは終わりましたが、今後もみなさまを応援しております。
 ご相談ごとがあればいつでもご連絡ください^_^
 とてもわくわくする素敵なパパママさんのグループでした。
 ありがとうございました^_^”

 「ゆるゆるわくわく自分らしく学ぶ」がラーニング・シーのコンセプトです。みなさんがわくわく(^o^)進化されることを心より応援しています。

 

 さて、講座後に実施したアンケート結果の一部を掲載しますのでどうぞご覧ください。

<アンケート結果まとめ>

※クリックすると拡大します

2017/11/7「大人のアスペさんとADHDさんとのお付き合いワークショップ」を受講された方のアンケート結果

今回は「大人のアスペさんとADHDさんとのお付き合い」というテーマで東京浅草でワークショップを開催しました。

 みなさん大変熱心にご参加くださいました。
 下記のアンケート「今日学んだことは、どんなことに役立ちそうですか?」という質問に対する回答からも今後に役立てていただけそうで嬉しいです。

<今日学んだことはどんなことに役立ちそうですか(自由記述)>

※クリックすると拡大します

 苦手な人との付き合い方悪意はないのだけれど仕事上で周囲と摩擦が起きやすい方との付き合い方発達凸凹さんの特性を知ることでイライラしなくて済む言動への配慮ご家族(引きこもりの方)の方に学んだことを試してみるお客様との相談に活かす、など参加者のみなさんはご自分のこととしてこのワークショップをどのように生かすか考えてくださいました。

ところで、ご参加されたみなさんはアスペルガーさんやADHDさんのことをもっと知りたかったようで、限られた時間の中で精一杯お伝えしましたが、そのお気持ちに十分応えられなかったかもしれないと思うと心苦しいです。

 ここには掲載しませんでしたが、アンケートでも
 「具体的なケースをもっと知りたい
 「ADHDさんやアスペさんについてさらに深く知りたい
 「お付き合いの仕方についてもっと深く学びたい
 といった趣旨の声を頂戴しました。

 このテーマについては、様々な観点から掘り下げて学ぶことができると思います。
 [参考文献]
 ・旦那さんはアスペルガー(著:野波ツナ、宮尾益知)
 ・もしかして私、大人の発達障害かもしれない!? (著:田中康雄)
 ・ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に働くための本(著:對馬 陽一郎)

最近ではおかげさまで学校の先生、教育委員会さん、心理関係の機関さんなどからそれぞれのお立場から発達凸凹さん関係の具体的なテーマをいただき、講演のご依頼や学校訪問のご依頼を受ける機会が増えてきました。

発達凹凸さん関係で私がお伝えできること、お役に立てることでしたら全力で対応いたします。
 既に来年の予定も徐々に埋まり始めております。直近で対応できる日は限られますが、ご依頼がございましたらお気軽に下記お問合せフォームまでお知らせください。
 お問合せ内容欄に具体的な依頼事項をご記入いただければ、ご記入いただいたメールアドレスまたはお電話宛に折り返しご連絡させていただきます。

 お問合せフォーム:http://learningsea.jp/contact/contact-form/

 

 「ゆるゆるわくわく自分らしく学ぶ」がラーニング・シーのコンセプトです。みなさんがわくわく(^o^)進化されることを心より応援しています!

 さて、講座後に実施したアンケート結果の一部を掲載しますのでどうぞご覧ください。

<アンケート結果まとめ>

※クリックすると拡大します

 

2017/11/5「脳と体から発達を知ろう!ワークショップ」を受講された方のアンケート結果

 今回は「ブレインジムとリズミック・ムーブメント・トレーニングってどんなもの?実際にやってみて脳と体の変化を味わってみよう!」というテーマでワークショップを開催しました。

 ありがたいことに、県内で親しくさせていただいている臨床心理士の先輩が、このワークショップをお知り合いの都内の臨床心理士さん、教育相談員さんに紹介してくださいました

 ですので、今回は都内からお二方がラーニング・シーの講座にご参加くださいました。 

 このご縁を作ってくださった先輩の臨床心理士さん、そして都内から宇都宮までお越しくださったお二人には感謝いたします。ありがとうございました。

さて、アンケートでは「体のどんな変化を感じましたか?」という質問に次のように回答(自由記述)してくださいました。

 「揺れ(不安定感)が小さくなる感じがありました」
体の軸が安定したような感じがしました。水を摂取することで体が変化することが驚きでした」
 「TLR(緊張性迷路反射)のビフォアー・アフターで、ぐらぐらしなくなり安定感が増した

 また「今日学んだことは、どんなことに役立ちそうですか?」の質問には次のように回答(自由記述。抜粋)してくださいました。

 

 「今後学びたいことが多くの選択肢から絞れた。今まで学んだだけで使っていなかったものをもっと使おうと思った」
 「ブレインジム、リズミックムーブメント、BBAsなど様々なプログラムの内容、背景を知ることができ、似た点、違う点、今の自分のニーズ等が少し整理できました」
 「自分や家族の心と体の安定感を伸ばすこと、また、臨床の場でも、クライアントの大人・子の安定感を伸ばしていく方法として役立てていきたいです」

 体への気づきや、思考の整理、技法の活用という形でお役に立てたことがわかる嬉しい感想です。ありがとうございます。

 早速、リズミック・ムーブメント・トレーニング・インターナショナルにお問合せいただいたようです。

 みなさんにリズミックの理解が広がって、いろんな人がゆるゆるわくわく過ごされるようになることが嬉しいです。

 今回はおまけで、これを語らなければおられない!という私の気持ちで、フォイヤーシュタイン認知能力強化教材FIELPADの教材の説明、そして体験もしました。 

 今回はFIEのもちろん、点群の組織化です。「面白い!」の声をいただきました^_^

 今回都内から初参加してくださったお二方はラーニング・シーのメーリングリストにも登録してくださいました。ありがとうございます。 

 メーリングリストに登録してくださった方には、ラーニング・シーの開催する講座のご案内や活動予定・報告などの発達支援に関わる情報を月に1回程度を目安にお送りしております。 

 登録は無料です。またいつでも解除できます。もしご興味のある方がいらっしゃればお気軽に下記お問合せフォームまでお知らせください。 

 お問合せ内容欄に「メーリングリスト登録希望」とご記入していただければOKです。

お問合せフォーム

 「ゆるゆるわくわく自分らしく学ぶ」がラーニング・シーのコンセプトです。みなさんがわくわく(^o^)進化されることを心より応援しています。

 さて、講座後に実施したアンケート結果の一部を掲載しますのでどうぞご覧ください。

※クリックすると拡大します

<体のどんな変化を感じましたか?(自由記述)>

<今日学んだことは、どんなことに役立ちそうですか?(自由記述)>

<アンケート結果まとめ>

「ふんわり家族プログラム」半年後フォローアップを受講された方のアンケート結果

「ふんわり家族プログラム」は、いわゆるペアレント・トレーニング・プログラムです。

このプログラムでは、パパママがお子さまと上手に付き合うテクニック・手立てを8回にわたって学びます

今回の「ふんわり家族プログラム」はご要望に応じて栃木県矢板市へ出張する形で行いました。

今回は、その半年後のフォローアップの際に行ったアンケート結果の一部を掲載いたします。

※クリックすると拡大します

 

本プログラムに関し、ご興味のある親御さま、支援者の方がいらっしゃればお気軽にお問い合わせください。

現在(2017年10月8日現在)、小学生のお子さんをお持ちのお母さまからご要望いただいていますので、土日で日程を決めていきたいと考えています。

もし参加したいという方はどうぞお気軽にご連絡ください。参加されたい方と日程を調整いたします。

 お問合せ先

 ラーニング・シー

【TEL】 080-6883-1199

【FAX】 020-4666-1907

【HP】http://learningsea.jp

【E-mail】info@learningsea.jp

 

2017/7/9「ママのための漢方教室」を受講された方のアンケート結果

薬剤師で五藤薬局代表取締役の上田洋一先生をお招きして開催しました。

保護者さん、学校関係者さんなど、計6名の方がご参加くださいました。

ありがとうございました。

講座後に実施したアンケート結果の一部を掲載いたしますのでどうぞご覧ください。

※クリックすると拡大します

2017/5/28「脳の解体新書〜カイロプラクティックでみるみる変化!~」を受講された方のアンケート結果

仙台市落合カイロプラクティック院長吉田優也先生をお招きして開催しました。

臨床心理士さん、学校関係者さん、薬剤師さん、柔整師さん、保護者さんなど、計20名の方がご参加くださいました。

ありがとうございました。

講座後に実施したアンケート結果の一部を掲載いたしますのでどうぞご覧ください。

※クリックすると拡大します

【資料「大人のアスペさんとのお付き合い」をご覧になった方のご感想】

お礼

研修資料(資料1 資料2)を拝読しました。

社内の業務面でいろいろと問題がありまして、その解決策に苦慮していたところ、本ページにたどり着きました。
資料を読み進めるほど、目の前で起きていることに一致して驚いております。

もしこの障害である場合には、本人が自覚していない場合、周囲も巻き込み不幸にしてしまうケースがあるということです。仕事がうまくできず本人もつらいようですし、会社としても業務に支障がでたり不利益を被ることになります。

今までは原因が分からず、対処しても不発に終わることが多かったのですが、解決策の一端を見いだすことができたと思います。

このような有益な資料を公開していただき、ありがとうございました。

【ラーニング・シーから】

丁寧にコメントくださり心から感謝しております。
ありがとうございます^ – ^
アスペさんとその周囲の方の苦労が伝わって嬉しいです。
正直、まだこの資料では手立てが不足しています。
現在は、この資料からさらにバージョンアップした手立てを見出しております。
アスペさんを包み込む組織のあり方は、ユニバーサルな環境です。
言い方を変えると、ビジョナリー・カンパニーだと考えています。

不要と思って無理やり切ると、同じような人がまた入ってくることがあります。
あるいは自分が切られる立場になる、といった企業や組織の展開を見てきています。

アスペさんの自由さに私たちは憧れているのです。
どうぞご自身も解き放って自由に身を委ねてみてください。
そして相手の短所は、あなたの輝くシーンでもあります╰(*´︶`*)╯♡

何か疑問や確認したいことがございましたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。
貴社の今後のご発展を心からお祈りしています*
ありがとうございました*

気になることや、確認したいことがございましたら、「お問い合わせフォーム」から、どんなささいなことでもよいのでお気軽にお問合せください。
可能な限りすぐにお返事いたします。

みなさまのよき人生とのご縁に感謝します。

1 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます**

お気軽にお問い合わせください TEL 080-6883-1199 予約受付時間:9:00~20:00 お電話に出られないときがあります。そのときは、折り返しお電話させていただきます。

PAGETOP
Copyright © LearningSea All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.