おはようございます。

ラーニング・シーの福田です。

夏本番、8月となりました!

ラーニング・シー(益子町)では、早朝からセミがミーンミーンと鳴き、15時過ぎから、虫の音に変わります。

今のところ、1階は日中でもエアコンなしで過ごせます。

 

さて、ワクワクの接種が進んでいますね。

特に私はこれまで立場を明らかにしてきませんでしたが、私はワクワクの接種はしません。

そして、できればみなさんに打ってほしくないです。

 

【理由1】

様々な情報を見聞きする中で、それを摂取すると

・1/6程度まで免疫力が下がり、2~5年で、なんらかの病気で亡くなると言われている。

・mのRNAの成分:99%が酸化グラフェン、その他は、狂牛病、エイズ、SARSのウイルスが含まれているという話を聞いた。

・厚生労働省のHPに掲載され、みなさんのお手元にも届いているワクワクの説明書に下記のように書いてある通り、

今回接種する新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社製のワクチン)の特徴
本剤はメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンであり、SARS-CoV-2 のスパイクタンパク質(ウイルスがヒトの細胞へ侵入するために
必要なタンパク質)の設計図となる mRNA を脂質の膜に包んだ製剤です。本剤接種により mRNA がヒトの細胞内に取り込まれると、
この mRNA を基に細胞内でウイルスのスパイクタンパク質が産生され、スパイクタンパク質に対する中和抗体産生及び細胞性免疫応答
が誘導されることで、SARS-CoV-2 による感染症の予防ができると考えられています。(以上、転載)

mのRNAが、体内に入ると、その人のmのRNAが改変され(もっと適切な言葉があると思いますが)、

その人のmのRNAは、コロコロの表面を覆うトゲトゲ部分である「スパイクタンパク質」を作ります。

そのおかげで、体内で抗体ができるわけです。

が、改変されたmのRNAはスパイクタンパク質を死ぬまで作り続けます。

・しかも、自分の体内で作りだしたスパイクタンパク質は、呼気や汗から体外に出て、近くにいる人や触れる人の体内にスパイクタンパク質が入ります。もし子どもがいるご家庭でしたら、あるいは、子どもに関わる職業ですと、子どもたちに健康被害を与える可能性があります。

 

【理由2】

・私が仕事で関わる優秀で、細やかに気配りができて、察しの良く、感情の安定した方が、ワクワクを2回接種した後、私から見て、機能低下を起こしていました。事前連絡を忘れてしまうし、リンクを送れば済むところを画面を見せてくれたり、表情筋に張りがなく、不活発な様子、口調はスロー。前のキレキレの頭脳が雲の中に入ってしまったようで、私はひどくショックを受け悲しくなりました。

・ワクワクを接種した母の来客が、私の事務室で1時間程度、滞在した後に、私が事務室で仕事をしていると、ガンガン頭痛がし始めてどうにもならなくなりました。タカダイオンを体に流して、落ち着きましたが、事務室に戻るとまた頭痛が起き、窓を全開にしましたが、その部屋にいても頭痛が起きなくなるまで24時間以上かかりました。

・接種した方と一緒にいると、ビリビリと空気の圧がこちらに伝わってきます。独特のチリチリした感じで、徐々に、お腹やあちこちが痛み出してきます。イライラしやすいようにも感じます。別れた後、ひどくだるくなります。翌朝も体が動きません。あまりのことに驚きました。

 

++++++++++++++++++++++

 

今は忙しくてここまでしか書けませんが、身をもって体験して悲惨に感じています。

あまりの衝撃に、心身共に打ちひしがれ、乱暴な文で申し訳ないのですが書かせていただきました。

誰もが健康で、毎日、笑顔で過ごせますように。

心より祈っています。

全ての存在に愛と感謝を込めて。

 

ラーニング・シー 福田あかり

 

1 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます**