こんにちは。

2回続けて、顔の非対称について書きました。

さて、今日は日常の顔の変化について書きます。

とくにここ、クリスマスから年末年始にかけては、おいしいものをたくさん食べて、おいしいお酒を飲んで・・・。

みなさんは暴飲暴食していませんか。

私は、12月から内臓疲労の回復に勤めていたので、今年はある程度逃れましたが、気を緩めるとダメですねー。

母お手製のおせち料理はおいしいので、煮豆さんを食べてしまって。

食べすぎたなぁと思った翌朝は、両目がピカッとは開かないです。

脳機能が落ちてるな~と思います。

身体がだるく感じるし

気分はすっきりしません

何かおもた~い感じ。

チャキチャキした朝ではないです。

二日酔いの朝をやや薄めた感じです。

暴飲暴食や二日酔い、寝不足の朝、瞼が開かなくてこんな感じになりませんか。

こうした状態が、大脳新皮質の機能が落ちているということでしょう。

 

あなたが感じているとおり、「なんだかな~」という感覚こそ、ベストな状態ではない、ということです。

大したことではないと思うのではなく、この違いに気づくことで未病で対応できるでしょう。

また、家族や同僚の体調にも気づいてあげられるでしょう。

顔には多くの情報がありますね。

 

 

明日から、仕事始めの方が多いですね。

みなさまがさわやかな朝を迎えられますように。

0 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます*