おはようございます!

ずいぶん涼しくなりました。

朝方は寒いくらいです。

昨日の夜は、「ボディナミックス」についてのウェビナーを受けました。

2時間受けると、さすがに疲れますね^^

 

【何を勉強したか?】

キネシオロジーでは、

「姿勢がすべてを表す」

と言われます。

姿勢を見れば、その人の在り方、ふるまい、気持ちなどを見立てられるよ、ということです。

体のことを知れば知るほど同感です。

20代のころは、聴覚情報に頼っていて視覚情報の処理ができていなかった?からか、まったくピンときませんでした(笑)

身体感覚も薄かったですし。

 

姿勢やたたずまいは、脳の働き具合を見せてくれます。

私はまだまだわからないことばかりです。

新たにボディナミックスを学ぶと、

それぞれの筋肉がどんな働きをしているのか?

どんな表現しているのか?

ということを追求し、そこからクライエントを理解しケアするアプローチです。

つまり、ある筋肉が使えないと、その筋肉に関わる動作ができない

=やろうとしてもそれを満たせない、そうしたいというニーズ自体に気づいていないかもしれない

ということなんです。

ガーンΣ(゚д゚lll)って、なりませんか??

 

【例えば足指を動かす筋肉】

私の土踏まずができたのは、1~2年前くらいです(笑)

30歳のころは、指どうしがくっついて指を開く閉じるなんてコントロールはできなかったです。

タオルを指でつかんで引き寄せる練習をすればいい!

ということはわかっていたけど、むしゃくしゃするくらいできなくて。

本当に不便な体でした^^

ヨガを8年間続けていましたが、それでもできなくて。

ただ、ブレインジムや原始反射へのアプローチ、ヨガで、指を開く閉じる、つかむはなす、ができるようになってきました。

土踏まずはあきらめていました。

ヨガを始めて、6~7年目にしてようやく個別レッスンで、

「もっと指で床を掴んで」

と言われて、このポーズの時にそんなことをするのか!

と驚きました。

指を使って立つことを意識し始めましたが、なかなか土踏まずができず。

リンパドレナージュを何回か受けたら、土踏まずができていました。

なんじゃそれ??と私も思いました。

筋トレで土踏まずができるんじゃないの?

と思っていたら、血液を含むリンパの滞りで筋肉が機能していなかった???

筋トレでちゃんとつかむ運動機能は獲得しつつあったので、リンパの循環がよくなればすぐに活躍し始めてくれました。

 

ざっくり言うと、

足指を動かす筋肉が使われると、

地に足がついて、「今ここにいる」というグラウンディング感が得られます。

サポートを得られている、という感覚。

自分のニーズ(こうしたい)に気づき、

こうしたい自分を受け入れることをができます。

 

ということはですよ

それがこの38,9年間それができなかった

ということなんですΣ(゚д゚lll)

 

確かに、はたから見ると一般的な生き方ではなく、私は今ふわふわした仕事・生活を送っていますが(笑)

私の中では安心感があります。

5年前、10年前よりも地に足がついている気がします。

物理的に、今は田舎に住んでいて地面が近い、というのもあるかもしれません(笑)

 

【子どもたちを見ていて】

足指が浮いているお子さんはちょいちょい見受けます。

土踏まずがなくて、体重が足にのっていないな、と感じる、あかちゃんのような足。

この子たちは、「今ここ」の感覚が薄いのは、そうなのだろうと感じます。

だから、足指をしっかり刺激してあげる、刺激する足裏を使った遊び…走る、カーブを曲がって走る、はだしで登り棒・木登り、雑巾がけ(これは掃除か)

いいと思います。

でも、土踏まずがない子たちは、こうしたことが辛くてやりたくない、というのがありますよね。

まずはトランポリンで跳ぶ!

ということがいいかもしれませんね。

足裏・足首に重力をリズミカルに入れる。

 

足指の例を出しましたが、首~背中~腹部~腕~脚、あらゆる筋肉について、ボディナミックスでは語られています。

愛着のテーマを理解することに助けになります。

 

【ボディナミックスとは】

ボディナミックス(Bodynamic Analysis)

身体的な発達心理学と心理療法の先駆的学問で、ヨーロッパ身体療法学会(EABP) で正式認定されている身体心理療法です。

創始者リズベス・マーカー(Lisbeth Marcher) と共同創始メンバーたちによりデンマークで開発されました。

ボディナミック心理療法は、

①骨格筋

②ボディナミック性格構造

③ボディナミック自我機能

の三つをセラピーの母体としています。

骨格筋心理機能を、11の自我機能×7つの性格構造 の対応関係から理解しケアするアプローチです。

 

 

日本ではごく少数の方しか学んでいないと思います。

マニアックな学びですね~

タッチフォーヘルスや原始反射と通ずるところがあるでしょう。

趣味の世界ですね。

 

今日もみなさまにとって良い一日となりますように、心より感謝を込めて。

ラーニング・シー 福田

 

2 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます***