おはようございます。

桜がほころびはじめ、菜の花も道路わきを風に揺れています。

春がきたな~!

と味わっています。

今日はもう修了式ですね。

春休みに入りましたね。

新年度に向けて、大人も子どもも新しいスタートを切る気持ちでいることでしょう。

タイミング的にはずれてしまいますが、「不登校」について先日話をしたときに、一つ言い忘れたなと思って、忘れないうちに書きます。

それは「休日」をつくる!

です!

登校していると、土曜日と日曜日も宿題があるので、当たり前に土日も勉強します。

登校していると、学校に行かないということで大きな負担がなくなるので、それだけでも休日感が出ます。

でも、もし毎日、在宅でいると学校に行く日と、行かない日の差がないので、平日と土日の負担感に差はありません。

また、学校を休んでいると、「遅れている感」が常に追いかけてきます

大人も子どももどちらもです!

しかも、学校のない土日こそ、今週登校できなかった分、取り返さなきゃ!と思ってしまうのではないでしょうか?!

いつも、「学校に行くための何か」をし続けて、大人も子どもも心が休まる時間がありません。

だからこそ、休日をつくってほしいのです。

丸い一日、この日は勉強をしない日

とか

土曜日、日曜日の午後は、勉強をしない時間

平日の夕食以降は、勉強しない時間

といったふうに。

そうすると、毎日24時間、大人が子どもを見て

「また勉強しない」

「午前もしなかった、午後も勉強しようとしない」

やきもき やきもき

イライラ チクチク

子どもは、

「勉強しなきゃ・・・」

「勉強できなかった自分に罪悪感」

「勉強しろと言いたげな親の目を感じる・・・放っておいて!」

こんな時間から大人も子どもも解放されるんです。

もし心配だったら、「これで2週間やってみよう!うまくいかなかったら調整しよう。」と期限を決めて取り組んでみることもいいでしょう。

心の休息を取りましょう^^

みなさまをいつも応援しています✨

ラーニング・シー 福田あかり

 

ryo takaによるPixabayからの画像

2 ←いつもいいね!とポチッとありがとうございます***